研究を解釈足るものにして還元したい

Kazuki Shimizuらによる麻疹研究がWHOマニラ本部に編集部を置くWestern Pacific Surveillance and Responseに採択されました.

Shimizu K, Kinoshita R, Yoshii K, Akhmetzhanov AR, Jung S, Lee H, Nishiura H. A multi-country outbreak of measles in Japan and Taiwan, China, March-April, 2018. Western Pacific Surveillance and Response Journal 2018; in press.

デビューおめでとう!
しばらく眠らずにOperational研究の創出のために働いた一紀.あれだけ頑張ってデータをそろえつつも,悔しい経験もしたし必死にやったことが結実もしました.誰よりも働いていた君のあの時の努力を俺は猛烈に支持します.まだ2編残ってるな.道半ばだ.
出し切ろう.終わって色々なこと全てが落ち着いたら,別の研究ラウンドをしよう.焦らず待ってるぜ.

Yoheiデビューす

われらが坂本先生が黄熱病のリアルタイム研究で数理モデル研究デビュー.おめでとう.

Sakamoto Y, Yamaguchi T, Yamamoto N, Nishiura H. Modeling the elevated risk of yellow fever among travelers visiting Brazil, 2018. Theoretical Biology and Medical Modelling 2018; in press.

バオイン第1編目記念

教室期待の大学院生Baoyin Yuan氏が中心となったデング熱研究が採用されましたー.やったぜ

Yuan B, Nishiura H. Estimating the actual importation risk of dengue virus infection among Japanese travelers. PLoS ONE 2018; in press.

やまさんの努力作がとうとう世に出ることに

以下の論文が採用されました。研究は長い時間でやってますが、まだ修士なのにデビューっすよ。おめでとう

Yamamoto N, Ejima K, Nishiura H. Modelling the impact of correlations between condom use and sexual contact pattern on the dynamics of sexually transmitted infections. Theoretical Biology and Medical Modelling 2018; in press.