研究指導・大学院

衛生学教室では,大学院医学院の修士課程と博士課程(博士後期課程)の大学院教育を実施しています.研究室に大学院生の参加を歓迎いたします.修士課程は公衆衛生学コースを主に担当しており,それはtaught course(1年と2年のコースがあり,2年だと研究もします)です.博士課程は社会人大学院生も含めてご案内しています.また,他学からの大学院生の指導委託受け入れも実施しています.それぞれを以下に書きます.

立ち上げ数年での教室の目標設定は,多くの欧州・米国の公衆衛生大学院の競合研究チームと比較して,こちらで研究トレーニングいただいたほうが体系的で良質かつ大量の研究経験を詰める体制を達成・維持することです.多くの疫学研究を志す方が,現状でより良い教育が得られる欧州と米国を目指されています.特に,公衆衛生修士課程では英米で多数の教員が極めて良質の教育を展開していますので,海外のほうが良い経験を得られるものと思います.しかし,研究面では一概に欧米が良いとは考えていません.日本にはより良い研究機会があり,私たちで濃密かつ高質な指導をすることによって,極めてレベルの高い研究を多数経験してもらうことが可能です.特に理論疫学に特化した当教室では一分野に限って一気に第一線のレベルで闘ってもらう,ということが可能ですので,それを保証できる研究体制を整えています.この教室は外資系企業よりもより中身の技術的成長と成果を重視しています.やる気のある方ならば,(表現に語弊があるかも知れませんが)既に中途半端な欧米の研究チームよりも良い業績を出せるよう機能しています.ボストンやロンドンにある大手には教育面では勝てませんが,研究面で負けない体制を敷こうとしています.
(文責:西浦 博)

 

【公衆衛生学修士:MPH (Master of Public Health)】
次のような実力を身につけることを目標に据えて修士課程を構築しています(ディプロマポリシー):
「社会全体及び人々の健康と生活・安全に必要な仕組みを理解し,公衆衛生学上又は予防医学上の諸課題の解決に必要な情報の収集・分析により,健康の維持増進に向けた対策を立案するとともに,これを円滑に実施し,得られた結果を適切に評価することにより,新たな課題を次の対策につなげて持続的に公衆衛生学領域の発展に寄与する能力」
講義は,共通コア科目・必修科目と一定数の選択科目を平日の夕刻18:15以降および週末(土日)に開講しており,平日日中にお仕事のある方でも社会人大学院生として通学できるよう配慮しています.例えば,日中に臨床医あるいは看護師として病院勤務されている方も多数参加いただいています.現状,札幌近郊でお勤めの場合にこの勤務形態で通学が可能となります.

ご参考に大学院Websiteで当教室の藤田崇宏先生(感染症専門医)の1日に関する紹介記事がありますので是非ご覧ください。

1年コースと2年コース
2年コース:社会全体ならびに人々の健康と生活,安全の維持・向上のために,公衆衛生上の諸課題に対し,幅広い知識と高い技能をもって活躍する人材の育成を目的とする
1年コース:一定の実務経験を有する医師・歯科医師・薬剤師など(下記(1)(2)参照)を対象として,医療・公衆衛生領域で活躍できる高度専門職業人を1年で育成することを目的とする
(1)大学における医学,歯学又は6年制の薬学を履修する課程を卒業し,医師,歯科医師又は薬剤師として,2年以上の実務経験(臨床研修の期間を含む。)を有する者
(2)本学院において,個別の審査により,上記(1)に相当すると認めた者

修得する能力
・社会全体ならびに人々の健康と生活、安全にとって必要なシステム・ルールを理解できる。
・社会全体ならびに人々の健康と生活、安全の実態とその維持・向上に必要な情報を入手できる。
・入手した情報を科学的に吟味解釈し、結果を関係各所に発信できる。
・情報が不足している場合には、自らその情報を得るために行動できる。
・得られた結果から、必要な対策を立案できる。
・対策を実施するために関係各所と必要な調整ができる。
・実施した対策の結果を評価し、次の対策につなぐことができる。

 

【医学博士:PhD】
博士課程では社会医学コースを担当しています.ディプロマポリシーは次の通りです.
「地域社会や国際的なレベルの健康・安全の維持・向上に幅広い知識と高い技能をもって取り組むことのできる人材を育成することを目的とする社会医学コースは、生物学、生命科学的アプローチとは異なる社会医学的、予防医学的視点から、研究倫理、統計学の基礎と応用、医療情報学、EBM(エビデンスに基づく医療)などの社会医学研究法を修得した上で、公衆衛生学や予防医学分野における研究手法や研究遂行能力を培います。」

この教室の専門的知識と技術を有する研究者を志してPhDを志望される方には最先端で闘って「勝てる」方になるまで責任を持って指導をします.また,生活が安定するまで戦略的に安定化を図るよう履歴の一新を支援します.また,遠隔地で勤務を継続したまま社会人大学院生として進学していただくことが可能です(その場合,事前にその希望の旨を伝えた上で,こちらと進路相談をして下さい).ご注意いただきたいのですが,遠隔地の社会人大学院生であっても,共通コア科目・必修科目等の必須となる科目の履修が必要であり,その単位修得のために一定期間だけ北海道で時間を割くことが必要となります.研究室見学をいただければ,現行メンバーの博士課程大学院生を紹介します.紹介した方に履修状況を相談いただくことで,北海道で割かなければならない時間の目安などがわかるかと思います.

最低限の到達目標
・感染症疫学の研究手法を学ぶとともに実際に疫学データを用いた解析を行います。
・大学院生自身が妥当かつ適切な研究を立案・実施できるような力を身に付けられるよう,指導します.

お勧めしている目標
・研究者になると決めた方は,フルタイムの場合は研究で生活する実力が身に着くまで責任を持って指導します.感染症数理モデルの未経験者で、独立して研究をするような専門的能力を身につけることを目標にする場合は、少なくともフルタイムで3年間(できれば修了後を含めて5年間計画)を費やしていただいて研究トレーニングに励んでいただきます.
・日本の大学院博士課程学生は留学奨学金や奨励金への応募資格があります.特に,日本学術振興会の特別研究員(DC)に受かるよう論文指導をしており(早くから論文業績をつけて合格しやすいよう戦略的に始動しており),合格した場合には月々の奨励金(20万円程度)を受け取りつつ,少なくとも1年間海外の共同研究機関(欧州・米国)でトレーニングを実施していただけます.そのために数年がかりで計画的に準備をします.

 

【大学院教育全体を通じて当教室が他と違う点】
・研究教育と指導を相当量で実施しています.
大学院教育では講義を一定数履修いただきます.時間はかかりますが,ありがちな「大学院教育が実質的に不在の状況」と比較して体系的知識を身につけていただくことができます.研究面では「感染症の数理モデル」あるいは「感染症疫学」に相当に重きを置きますが,知識面・技術面では他分野についても広く知っていただかなければなりません.その分,雑務を最少化する努力をしています.
・研究教育の質と定期性を重視しています.
教授は多忙ですが,出張中でなければ,とても短くても(仮に1日数分であろうとも)博士課程学生とは1日1回は会って直接に話ができるように工夫しています.研究が安定するまでは,週1回のミーティングを通じて研究教育を行っています.放置が好きな方には向いていません.責任を持って研究成果が出るところまで面倒を見ています.
・世界で勝負していただくことができます.
修士課程では体系的知識を優先して進路選択をしていただきます.もし,その後に博士課程に進む場合ですが,博士号を得るということは研究者として生きるということになります.博士になられる方には,国外機関の実力・質量と比較した現状を理解いただき,目標を世界に据えた上でトレーニングしていただきます.修了後,ある時から欧州や米国で勝負に出なければならない時が来ても,胸を張って1人で生きていくことのできる実力がつくまで,こちらではあきらめずにトレーニングであなたと向き合います.
・国際的視点をもって研究に臨んでいただきます.
修士・博士を問わず,研究現場での共通言語は英語です.セミナーは英語です.「英語が極めて苦手で一切なおりそうもない」と思う方には当教室は向いていないかも知れません.他方,「これを機会に英語を鍛えるのだ」というやる気さえあれば,ついて行くことはできますし,こちらで最後までサポートします.
・学術的なバックグラウンドを問いません.
研究紹介にある通り,教室は数理モデル研究ばかりではなく,特に修士課程ではアウトブレイク調査や臨床研究にも力を入れています.数理科学のバックグラウンドは問題にしていません.研究室メンバーのバックグラウンドはバラバラで,医学・数理科学はもちろんですが,政治経済学や情報学,獣医学,生物学,物理学,保健・看護・臨床検査・放射線技術,など様々な背景を持つ者で構成されています.数理モデル研究に進まれる場合であろうとも,実践的範囲においては,数理の実力はここに来てから磨けば努力次第で改善可能です.

 

【指導している研究分野】
以下のうち,1-3の感染症関係を課題に研究に取り組んでいます.修士には概ね該当範囲で研究テーマの相談をいただき,博士課程では感染症疫学あるいは感染症理論疫学の専門家を志す方をお引き受けしています.
1.感染症疫学に関する研究
2.数理モデルや統計モデルを利用した理論疫学・生物情報学に関する研究
3.感染症を中心とする国際的な健康問題,国際保健に関する研究
4.リスク解析や人口学モデルなど数理モデルの応用研究
5.衛生学・環境医学研究全般(要事前相談)
現時点では,4のリスク解析は感染リスクが関係する範囲で,人口学研究は多状態モデル等のプロジェクトが関係する範囲で実施しています.疫学モデルから相当に離れる数理モデル研究は守備範囲外です(それら研究や指導に資源を配分する余裕が現時点でないため).広く数理モデル一般を考えたい方やシステム生物学などを志望される方には不向きです.5に関しては感染症に関係する範囲内で相談をお引き受けしています.

 

【教室外の若手研究者の受け入れ】
同じ研究分野或いは関連分野を志す若手研究者は,所属によらず受け入れた上で指導を行っています.原則,現行の指導者から許可を得ていただくことが必要です.研究内容に関してはできるだけ本務地のプロジェクトと関係しない課題について取り組むよう勧めています.事前相談をして下さい(メール:hygiene(at)med.hokudai.ac.jp).

 

【試験や出願資格について】
例年,大学院は修士課程・博士課程ともに前期(8月)と後期(1月)の2回試験があります(仮に1回で成功しなければ2回受験いただくことも可能です).大学院の受験者は事前に相談をいただき,出願時のその旨をお知らせ下さい.衛生学教室では,修士課程の志望者はできるだけ前期での試験をお勧めしています(後期試験での受験者もご相談下さい).前期の出願時期は7月頃です.出願資格審査が必要な場合(短期大学や専門学校の卒業の場合や海外の大学を卒業した場合など)は6月中に同審査がされた上で出願することになります.試験科目は英語,小論文,専門科目です.前2者については本学事務部の医学院教務担当から過去問の取り寄せが可能です.専門科目は主に受け入れの責任教員の面接を予定しています.

出願の募集要項,出願資格詳細,願書取り寄せについては事務部が対応します.北海道大学大学院医学院のウェブサイトをご覧下さい.

 

【進学相談】
研究室教員(教授・准教授・助教)に時間の約束を依頼いただけましたら進路相談に対応します.また,感染症数理モデルを志す方でしたら進路相談は北大の大学院志望でなくても結構です(その旨を事前通達して下さい).アポイント依頼時には,簡単で結構ですので履歴書を添えて連絡を下さい(メール:hygiene(at)med.hokudai.ac.jp).